六曜で1本目の矢を手にする

MENU

六曜で1本目の矢を手にする

結婚相談所 六曜

 

婚活運気アップの六曜は大切です

結婚相談所 運気

管理人の婚活では、初めて強く運気アップを考えてみました。

 

運気アップ第一弾として考えたのが六曜でした。

 

普段はあまり六曜のことを気にしたことはありませんが、大切な婚活ですのでそうも言っていられません。

 

まず六曜とは何のことかと言いますと、大安先勝仏滅などのことだそうです。

 

六曜を気にしたとしても、婚活での運気アップができるのかどうかわかりません。

 

ですが、婚活ではなぜか神頼みをしてみたくなったのがその理由でした。

 

まず、日本の古来では六曜を気にして生活をしていた時代があったそうです。

 

ちょっと興味深い話なのですが、きっと、そこにはそれなりの訳があったのではないでしょうか。

 

「六曜」とは、鎌倉時代末期から室町時代の頃に中国から伝わったとされており、現在では、「先勝」、「友引」、「先負」、「仏滅」、「大安」、「赤口」の順に表されています。

 

たとえば、婚礼には仏滅を避けて大安が選ばれたり、葬式には友引が忌まれるなどでも六曜を気にしているからだそうです。

 

そのために、何か新しいことを始めるときは大安がとても人気となり、逆に仏滅は人気がないようです。

 

そんなわけで、婚活で何かを新しく始めるときはこの六曜を気にするようにしましょう。

 

「大安」(たいあん)

 

万事によいとされる日です。

 

婚礼はもちろんこの大安の日は人気となりますのでなるべく早めに予約が必要があるくらいです。

 

「先勝」(せんしょう)

 

「急がば勝ち」と、何事も早めに行動することが吉とされていて、午前中は特に吉とされていますことから、午前中に大切なことを始める方が多いようです。

 

「友引」(ともびき)

 

大安についで良いとされている日で、友を引くという意味からも大安についで婚礼でも人気とされています。

 

ですが、葬儀では友を引くともいわれることから避けられる方が多いようです。

 

「先負」(せんぷ)

 

何事も控えめに平静を保つ日という意味だそうです。

 

特に午後が大吉とされるていますので自分の予定を午後に持ってきて大切なことを始める方が多いようです。

 

「仏滅」(ぶつめつ)

 

まさに万事に凶とされる日が仏滅となります。

 

結婚や新規開店、婚活の出会いなど、新しく始めるときには凶を避ける意味からあえて仏滅を避ける方が多いようです。

 

ですが、教会のクリスチャンならば関係ない話となりますので、最近ではこの仏滅の日取りを気にしない方も増えているそうです。

 

教会結婚が多いこともその理由ですが、多くの結婚式場では仏滅の日は空いていることと、料金設定が安く設定されていることがあるからだそうです。

 

「赤口」(しゃっく)

 

祝い事には大凶とされ、時間的には、正午の時間帯だけが吉でそれ以外は、凶とされている日です。

 

確かに、このように不幸を避ける意味から婚活では六曜を気にすることは大切なのですが、あまり気を取られすぎても大事なチャンスと逃す結果となることもありますので、ほどほど加減しておくのが良いと思います

 

新しい出会いの時に、「今日は大安だから君とは縁がある」なんてことは間違っても言わないようにしましょう。

 

だって、そんなことを言われたちょっと怖いからです。

 

六曜で1本目の矢を手にする関連ページ

箱根神社のパワースポットで2本目の矢を手にする
結婚相談所は費用だけで選ぶと失敗する! 本気で婚活する相談所選び!?婚活ではパワースポットのパワーを味方につける!?
東京大神宮で3本目の矢を手にする
結婚相談所は費用だけで選ぶと失敗する! 本気で婚活する相談所選び!?東京大神宮で強力な婚活祈願を試す!