結婚相談所で中高年の婚活を検証する

MENU

結婚相談所で中高年の婚活を検証する

結婚相談所 費用

最近、婚活お見合いパーティは若い方ばかりではなく、中高年のお見合いパーティの開催もあるようです。 その前に、自分がどのくらいの段階の中高年なのかを知っておきましょう。 題して、「中高年っていくつの歳から中高年なの?」です。

中高年のあるお見合いパーティ会場で年齢区別です。

中(中高年の中) 男性35歳〜49歳、女性35歳〜44歳
高(中高年の高) 男性50歳〜70歳、女性45歳〜65歳

婚活 中高年

男女別となりますが一般的な結婚相談所での年齢区別はこんな感じです。 同じ中高年と言いましても年齢差によってさらに区別があるようです。 年齢区別では、男女の年齢区別の仕方が違ってきています。 ここではあることに注意しなければいけません。 一般的な結婚相談所では、入会した会員をこのような年齢の区分にし、お互い希望の年齢区分から相手の歳をマッチングさせます。 困ったことに1日でも年齢を超えてしまうと、ひとつ上の別年齢区分になってしまうことです。 昨日までは、希望の年齢区分でしたが、今日一日歳を取ったのでひとつ上の年齢区分になってしまい、相手の希望の年齢区分から外れてしまうことです。 ですので、婚活を始めるときは、自分の年齢がどの区分に入っていて、あとどのくらいの期間で上の年齢区分になるのかを気にしていましょう。 また、中高年で婚活が増えている理由を考えてみました。 確かに、結婚自体が以前より晩婚化しているようですが、他にも違う意味があるかもしれないと思ったからです。 気が付いたらこの歳になっていたとか、仕事を夢中にしていたらとか、という理由もあるでしょうが、一番大きいのは、ある程度の年齢になると婚活自体に抵抗を感じるようになるのではないでしょうか。 自分の年齢がいってしまっているので今から婚活というのもなんだし、ひとりの方が好きなことをできてお金にも困っているわけでもないので、いまさら婚活なんで無理でしょ、って感じなのではないでしょうか。 若いときは元気もあったのでこのように考えがちになるのですが、そこそこの年齢になったときにひとりの寂しさを大きく感じるものです。 以前、見たことのある映画でのワンシーンですが、夕日にひとり黄昏れる老人傍に犬がいる風景はそれだけでも絵になっているのですが、ほんとは見た目ほど幸せではないのかもしれません。 どんなに歳を重ねても一人で生きるより二人で生きるほうが、辛いことを共有できたり、楽しみも倍加して人生に厚みがでるという話を聞いたことあります。 そして、最近になって強く思うのですが、婚活って始めてみようという気持ちになったときはチャンスなのかもしれません。 年齢のこと、気持ちのこと、仕事のこと、収入のこと、そして親のことと、すべてが順調だからこそ婚活を考えられる余裕があるのです。 もし、どれかに問題があるようでしたらけして婚活なんて言葉は口からでてこないからです。 中高年になっていたとしても、けして恥ずかしいという気持ちにならずに積極的な婚活を始めてみることにしましょう。 一番いけないことは、悩んだり考え込んでいるうちにどんどん時間が過ぎていってしまうことです。 もっと歳をとって、ほんとのおじいさんになってから婚活なんて言ってみても、もうその時は自分の周りには誰もいないかもしれないからです。

結婚相談所で中高年の婚活を検証する関連ページ

結婚相談所で母子家庭再婚を考える
結婚相談所は費用だけで選ぶと失敗する! 本気で婚活する相談所選び!?結婚相談所で母子家庭再婚を考える。