婚活ライバルに負けないで成功に導くコツ

MENU

ライバルに負けないで婚活を成功に導くコツ

結婚相談所 費用

ライバルに負けないで婚活を成功に導くコツとは?

○イベントでライバルに差をつける服装とは!?
○イベント、パーティーで一瞬に異性の気を引く方法!?
○婚活を積極的に活動する意味って!?
○ライバルに負けない婚活での出会い方とは!?
○プロフィール写真でライバルに一歩リードです

婚活パーティでは同性同士の戦いとなります!

婚活 失敗

不思議なことですが、自分が好きになった異性は同じようにして他のライバルも狙っていることが多いようです。

 

もちろん、こんな時に自分をうまくアピールできれば良いのですが、できなければまったくその場に存在していないのと同じとなります。

 

最悪は、異性から見て「頼りない人」と思われることかもしれません。

 

ですから、ライバル達に負けないで自分をうまくアピールできるコツを紹介します。

 

ここで大切なことは、他のライバル達と同じアプローチをしたり、同じ会話をしないことです。

 

それって何??

 

と思われるかもしれませんが、他のライバル達を観察してみましょう。

 

ライバル達は、異性に初めて声を掛けるときは決まって同じことを相手に聞きます。

 

たとえば、「住まい」、「歳」、「趣味」などの質問を繰り返しているのではないでしょうか。

 

マジ、これでは駄目なのです。

 

このようなトークをしても相手は印象が残らないばかりか、逆に「また同じような事を言うウザい奴がやってきた」と思われるかもしれません。

 

そんなことにならないように自分のオリジナルトークを作っておいてライバル達に差をつけましょう。

 

それじゃーぁ、オリジナルトークって何??

 

と、また思われるかもしれません。

 

私の場合ですが、家にいても、風呂に入っていても、そして食事をしている時でも、最初に声をかけるときのオリジナルトークはどうしょうかと悩んだことがあります。

 

決まりきった言葉はすべて後回しにすることにしました。

 

最初のトークでは、相手のことだけを考えた内容にしたわけです。

 

たとえば、相手の服装、バック、髪型、ジュエリー、靴、など相手の身に着けているすべてからトークを考えていくわけです。

 

そして、なるべく最初の短い会話を長続きさせるために小道具やトークも考えておきましょう。

 

ここでの注意点は、けして「自分中心の自分話をしないようにする」です。

 

自分中心の自分話は、相手にとって見れば「自分のことしか考えない人」と理解されます。

 

まさに最悪かもしれません。

 

ですから、まず相手のことを中心に話を振っていき、相手を趣味や価値観が合う話題で少しだけ自分を主張するやり方に徹しましょう。

 

最初のうちは難しいかもしれませんが、新しい出会いのチャンスがあるときは必ず実践してみることが大切です。

 

何回もの実践を重ねることで婚活スキルを高めることができるのです。

 

少しでも自分の希望の異性と成婚するためにはそれなりの努力が大切ということです。

 

婚活では好感をもたれる服装を考えることは大切!なぜかと言いますと、服装はその人の考え方やセンスがでるため、服装もその人を判断するための材料として見られるからです。そして、服を考えるときに一番大切なことは、カッコ良さより自分に似合っていて好感を持たれる服を選ぶことが大切です。ほとんどの人が普段着ているサラリーマンスーツで来る方が多いようですので、こんな場合でもちょっと工夫をするだけでもライバル達に差...

 
 

イベント、パーティに行くと決まってひとりぐらいは大勢の異性がいる場所でやたら強い方もいます。あなたも強いのでしたら対抗できますが、もし不得手でしたら、あなたは目立たず、異性からの印象も薄いままでやられてぱなしになってしまいます。せっかくの出会いのチャンスを求めて、費用もかけてわざわざ出かけたのにパーティ、イベントではなんのチャンスも無かったらかなり悲しいものです。こイベントが不得手な方は、ちょっと...

 
 

結婚相談所で婚活をしている多くの男性の方は、たぶん多くの女性に好かれようと婚活しているようにしか見えません。多くの女性に好かれて、あとは自分が待ちの姿勢で、相手の方からの良い言葉を待っている。。そんな感じに見えます。多くの異性に好かれるために気遣うことは大切だと思いますし、それも婚活かもしれません。先日行われた婚活パーティ後の2次会の居酒屋では、普段そんなことをしないような方が我先に幹事を名乗り出...

 
 

結婚相談所での婚活は基本的に毎月決められた紹介者を担当から送られてきて、そのリストを参考に相手の方に連絡をとり、お互いの希望がうまく重なったらお見合いになります。またお互いの希望がうまく重ならなければ契約期間が切れるまでこの作業を繰り返すことになります。婚活は作業だったのですね。今まで知りませんでした。でもこの作業の内容を考えてみてください。相手もそうなのでしょうが、一枚のプロのカメラマンが撮影し...