積極的に活動するほんとの意味とは

結婚相談所 

 

積極的に活動する意味の勘違いとは?

 

婚活

結婚相談所で婚活をしていて思うのは、積極的な婚活という意味を相手に好かれるために何でもする行為と勘違いしている方も多いのではないでしょうか。

 

ともかく、誰でもよいので多くの異性の評判を良くしたい、誰でもよいので成婚すれば成功だ、と、これが積極的な婚活と思っているのではないでしょうか。

 

確かに、それも婚活ひとつかもしれません。

 

先日行われた婚活パーティ後の2次会の居酒屋では、普段そんなことをしないような男性が我先に幹事を名乗り出たり、女性の世話を小間使いのように率先したり、終了した後の帰りの手配と至りつくせりに活動していました。

 

まるで、これが積極的な婚活といわんばかりです。

 

異性からの印象を高めようとしているわけですが、魂胆が見え見えですのであまりにもその行為が滑稽に見えました。

 

たぶん、相手もそのように思っているのではないでしょうか。

 

それって、相手から完全に見透かされています。

 

「婚活って女性はお得!」、「合コンで今日の食事代がセーブできた」と、平気でそんなことを言う女性の方もいます。

 

「婚活は自分力が大切、積極的な婚活をしましょう」と結婚相談所の担当サポートもアドバイスするのですが、積極的な婚活の本当の意味はなかなか教えてもらえません。

 

なぜならば、本当の意味を教えることで成婚率が悪くなることもあるからではないでしょうか。

 

ですが、積極的な婚活という意味をしっかり理解しないで婚活をすると、あとで後悔することになるかもしれません。

 

それでは積極的な婚活の意味ってなんでしょうか。

 

以前の話なのですが、どうしても声をかけることすらできなかった素敵な女性がいました。

 

ずいぶん時間が経った後で彼女に言われたのですが、自分のことをほんとに気に入っているなら、「あなたはタイプです。私と付き合って欲しい!」となぜ自分だけに強く言ってくれなかったのかと。。

 

そのときは、異性の評判をかうために気持ちもないままに多くの異性に声をかけていました。

 

その結果、ほんとに自分が大切にしたいと大事な人の気持ちを失ってしまってわけです。

 

多くの後悔を含めて、その言葉をしっかりと受け止めました。

 

この日から、後で後悔をしないような婚活行動をするように切り替えました。

 

ほんとに自分一人だけのオンリーワンに積極的にアプローチをしていきましょう。

 

ちょっと無理かも、と思っても、時間がかかっても、やり過ぎてストーカーに近いと言われても、後で後悔するよりましです。

 

もし、うまくいかなくても全力を尽くした結果ですので素直に諦めることができるのではないでしょうか。

 

真剣な婚活体験ができる婚活サイトとは

・婚活サイト結婚情報比較ネットのメリットとは

  • 大手結婚相談所最大10社へ一括で資料請求ができる。
  • 今年で運営6年目、利用者数は6万人を突破。
  • 無料で資料だけでも配送OK。

婚活サイトでの出会いのサイトです。婚活を真剣に活動できる大手結婚相談所から無料で資料が送られてきます。真剣な婚活、でもそのまえに比較検討も大切です。


結婚情報比較ネット 資料請求

 

トップへ戻る